« 温室効果ガス:政府、近く排出権購入開始 高騰懸念、早期に1億トン | トップページ | 熱帯林の95%「保護対策が不十分」…国際機関調査 »

2006年5月28日 (日)

HIVの起源、カメルーンのチンパンジーと特定

 世界的な感染拡大が続いているエイズウイルス1型(HIV1)は、アフリカ・カメルーンに生息している野生のチンパンジーが起源となっていることを、米アラバマ大などの研究チームが明らかにした。初めて実施された大規模な現地調査と遺伝子解析による成果で、従来の見方を裏づける結果となった。26日、米科学誌サイエンス電子版に発表する。

 HIV1の起源をめぐっては、よく似たサルエイズウイルス(SIV)がこの地域のチンパンジーから見つかっていることから、これまでもチンパンジー説は有力だった。ただ、生息地域が隔絶されていることや、チンパンジーが絶滅の危機にあるといった理由で、研究は進んでいなかった。

 研究チームは、チンパンジーのふんから感染ウイルスの遺伝子を見分ける方法の開発に成功。カメルーン南部の森林10カ所で採取した446匹分のふんを分析した。

 その結果、今回調べたチンパンジーから、これまでに見つかっているSIVのなかで、最もHIV1に近いウイルスを見つけた。

 これまで感染が判明したケースは飼育動物がほとんどで感染率が2%ほど。野生のチンパンジーの感染実態はよく分かっていなかった。今回の調査では、あるグループの感染率が35%と高率だった。

 研究チームによると、このSIVが20世紀初め、一帯にすむチンパンジーからヒトへ、種の壁を超えて感染した結果、HIV1になったと考えられるという。

 また、エイズウイルスは突然変異を繰り返すことから、多数の遺伝子の種類がある。今回の調査以外、ほとんど調査が進んでいないこの周辺地域では、まだ発見されていない新しいウイルスが存在する可能性があり、ヒトへ感染する危険もある、と研究チームは指摘している。

asahi.com 2006年5月26日

|

« 温室効果ガス:政府、近く排出権購入開始 高騰懸念、早期に1億トン | トップページ | 熱帯林の95%「保護対策が不十分」…国際機関調査 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: HIVの起源、カメルーンのチンパンジーと特定:

« 温室効果ガス:政府、近く排出権購入開始 高騰懸念、早期に1億トン | トップページ | 熱帯林の95%「保護対策が不十分」…国際機関調査 »