« 駅の屋根で太陽光発電 小田急電鉄が導入 | トップページ | 放射性物質含む水が漏れる 福島第一原発6号機 »

2006年1月30日 (月)

環境ビジネスの拡大へ 基本計画案を中環審了承

 環境省は30日、地球温暖化問題など政府全体の環境対策の取り組みを示す第3次環境基本計画(2006−10年)の原案を中央環境審議会に示し、了承された。自治体などの意見聴取を経て、05年度中の閣議決定を目指す。

 企業が環境に配慮したエコ商品の製造や技術開発を進め、新たな市場を作り出す必要性を指摘したほか、環境保全活動を担う地域コミュニティーの再生を促すことを明記。

 具体的には、環境ビジネスに取り組む企業やエコ商品が正当に評価されるように、(1)国や自治体がエコ商品を選んで買うグリーン購入の促進(2)個人投資家による環境ビジネスへの投資拡大−などの施策を盛り込んだ。

From 共同通信 2006年1月30日

|

« 駅の屋根で太陽光発電 小田急電鉄が導入 | トップページ | 放射性物質含む水が漏れる 福島第一原発6号機 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 環境ビジネスの拡大へ 基本計画案を中環審了承:

« 駅の屋根で太陽光発電 小田急電鉄が導入 | トップページ | 放射性物質含む水が漏れる 福島第一原発6号機 »